【初心者必見】釣具1セットでなんでも釣る|フリースタイルで楽しむ海釣りが熱い

当ページのリンクには広告が含まれる場合があります。
記事のまとめ

エサ釣りからルアー釣りまで釣具1セットで楽しむフリースタイルのやり方を解説します。

  • フリースタイルという釣り方の提案
  • フリースタイルのメリット・デメリット
  • フリースタイルに合う万能な釣具の選び方

を解説します。

私は普段からフリースタイルでマルチアングラーとして釣りを実践しています。

フリースタイルは「ロッド(竿)、リール、ライン」は変えずに仕掛けを変えることでいろんなジャンルを楽しみます。

手軽にいろんなジャンルを幅広く楽しめるので初心者の方や未経験者の方にもおすすめです。

  • ジャンルや道具が多すぎてどれを選べばいいのか?
  • ジャンルを変更するとき道具も買い直さないといけないの?
  • とりあえずなんでもいいから1匹釣りたいんだけど。。。

上記のような悩みがあっても大丈夫です。

この記事ではフリースタイルの始め方とフリースタイルに合う万能な釣具の選び方を解説します。

この記事を読めば全くの初心者の方でも万能な釣具を選んで複数ジャンルの海釣りを手軽に楽しめます。

記事を書いた人

  • 釣り人歴は約30年
  • おじいちゃんが漁師
  • おじいちゃんと父に釣りを教わる

今はメインでショア(岸)からの海釣りをやっています。
季節ごとにいろんな魚を釣って美味しくいただくことが出来ています。

記事の内容

「フリースタイル」は複数ジャンルの釣りを楽しむスタイル

フリースタイルは一つのジャンルだけを専門にするのではなく複数ジャンルを広く楽しみます

比較表フリースタイル専門ジャンル
楽しめる釣りジャンル多い少ない
専門性低い高い
タイプバランスタイプ特化タイプ
未経験者・初心者におすすめ

フリースタイル

「ロッド(竿)、リール、ライン」は同じものを使用して仕掛けを変えるだけでいろんな釣りができます。

複数のエサ釣りやルアー釣りが楽しめる。

ジャンル専門

特定の魚だけを狙ったり、釣り方を絞って突き詰めていくのでとても奥深いです。

例)イカを狙うエギング、アジを狙うアジング、ウキを使ったウキ釣りなど

私はフリースタイルなら柔軟に仕掛けを変えていろんな魚を釣ることができます。

フリースタイルのメリット・デメリット

メリット
  • 釣具で特にお金がかかる「ロッド(竿)、リール」を使いまわせる
  • いろんなジャンルを経験できる
  • いろんなジャンルの知識が増える

つまりコストを抑えていろんなジャンルの釣りの経験ができます。

いろんなジャンルを経験すると、魚を釣るための知識やスキルが身につくので状況に応じて柔軟に対応できるようになります。

デメリット
  • 一気に複数ジャンルをやろうとすると混乱する
  • 同じ釣具を使い回すことにやりづらさを感じる場面が出てくる

はじめはジャンルをしぼって釣り自体に慣れてからジャンルを増やしましょう。そうすることで状況に応じたジャンルの使い分けが可能になります。

やりづらさを感じることは悪いことだけではなく、むしろ道具や釣り方に対して改善すべきことに気づけるレベルまで釣りが上手くなってるとも言えます。

フリースタイルで楽しめるジャンルと狙える魚

フリースタイルではエサ釣りもルアー釣りも楽しめます。いろんなジャンルを経験すると状況に応じていろんな魚を狙って釣ることができます。

ジャンル一覧えさ/ルアー狙える魚
ライトゲームルアーメバル、アジ、カサゴ、カマスなど
ミドルゲームルアータイ、根魚など
SLSJ
(スーパーライトショアジギング)
ルアー青物、根魚など
ショアテンヤえさ(ルアー可)タイ、クロダイ(チヌ)、カワハギ、シーバス、ヒラメ、マゴチ、イカ、タコなど
マイクロテンヤえさメバル、カサゴなど
エギングルアーイカ、タコなど
シーバスゲームルアーシーバス、タイ、マゴチなど
ウキ釣りえさメジナ、メバル、シーバス(セイゴ)、タイ、クロダイ(チヌ)、アジ、カサゴなど
サビキ釣りえさアジ、いわし、カサゴなど
ちょい投げえさキス、ベラ、イシモチなど
探り釣りえさカサゴ、カワハギなど

フリースタイルに適した場所選び(堤防・漁港がおすすめ)

海の釣り場は以下のような場所があります。

  • 堤防
  • 漁港
  • 釣り公園
  • 砂浜(サーフ)
  • ゴロタ場

特に堤防や漁港がおすすめです。

堤防や漁港には魚が身を潜めやすい障害物が多いうえに砂地や泥地など地質の違いもありいろんな種類の魚に出会えます。

障害物
  • 堤防沿い(ヘチ)
  • スロープ
  • テトラ
  • 敷石
  • 沈み瀬
  • かけ上がり(急に深くなっているところ)
  • 藻場

そして海面より高い位置から海を見渡せるので海の変化を見つけやすいです。海の変化のある場所に魚が集まって来ます。

海の変化
  • 潮目
  • 潮の流れがあるところ
  • 小魚の群れ

漁港や堤防は足場がしっかりしているので初心者の方や子供連れでも釣りに挑戦しやすい環境です。

釣り禁止の場所もあるので地域のルールに合わせて場所を選びましょう。

複数ジャンルの釣りを習得してマルチアングラーになる

複数のジャンルの釣り方を習得している釣り人のことを「マルチアングラー」といいます。

何ジャンル習得していればマルチアングラーなのか明確な基準があるわけではないですが、このブログでは5以上のジャンルの習得を目的としています。

メリットデメリット
いろんな釣り方が身に付く
いろんな種類の魚を狙える

いろんな釣り方の知識が増える
釣具を応用が効く使い方ができる
ジャンルが増えると仕掛けの数が増える

フリースタイル用の釣具は万能タイプを選ぶことが大事

フリースタイルをする上で大事なのは複数ジャンルで使える万能な釣具を揃えることです。

以下3点が万能であることが条件です。

「ロッド(竿)、リール、ライン」を1セットとして使い回すことを前提にあとは「ジャンルごとの仕掛け」をセットするだけ。それだけでいろんなジャンルの釣りを経験できます。

ジャンルを変えても「ロッド(竿)、リール、ライン」は同じものを使うのでその分コスパがいいです。

フリースタイルで使うロッド(竿)

フリースタイルで求められるロッド(竿)の役割
  • 仕掛けやルアーを操作する
  • 仕掛けやルアーを海に投げ入れる
  • 長さや重さの違う仕掛けを扱える

上記をふまえてフリースタイルでは複数ジャンルに対応できる万能なロッドが必要です。

そこで選ぶのがルアーロッドです。

いろんなジャンルのロッドを使ってきた経験から以下のルアーロッドがフリースタイルに合います。

  • エギングロッド
  • シーバスロッド
  • ライトゲームロッド
  • SLSJロッド
  • 汎用ルアーロッド

とはいえ、長さや硬さやジャンルの違うたくさんのロッドの中から万能なものを見極めて選ぶこと自体が大変だと思います。

フリースタイルに合う万能なロッド(竿)を紹介します。

メンテナンス中 フリースタイルに合う万能ロッド(竿)はこれ|初心者の最初の1本にオススメ

フリースタイルで使うリール

フリースタイルで求められるリールの役割
  • 仕掛けを遠くに投げる
  • ラインを巻きとる
  • 長さや重さの違う仕掛けが扱える

上記をふまえて複数ジャンルに対応できるリールが必要です。

そこで選ぶのがスピニングリールです。トラブルが少なく使い心地が仕掛けの種類にあまり左右されないからです。

サイズに関してはC3000番のサイズがおすすめです。

  • 巻けるラインの量が多い
  • その割にコンパクトで使いやすい
  • パワーもある
  • ドラグでやりとり可能

リールには魚が釣れたときに竿やラインなどにかかる負荷を調節することができるドラグ機能があります。ドラグを使いこなせば想定外の大きな魚がかかっても対応できます。

メンテナンス中 スピニングリールおすすめの機種はこちら

フリースタイルで使うライン

フリースタイルで求められるラインの役割
  • 魚と自分をつなぐ
  • 手元の操作を仕掛けに伝える
  • ジャンルを変えてもラインを変えずに釣りが成立する
  • 狙う魚を変えてもラインを変えずに釣りが成立する

上記をふまえて複数ジャンルに対応できるラインが必要です。

そこで選ぶのがPEラインです。PEラインのいいところは

  • 細くても引っ張り強度が強い
  • あまり伸びないので手元の操作がダイレクトに伝わる

一般的にはジャンルや狙う魚によってラインのサイズや種類を変えます。なぜなら状況によって必要な要素が変わってくるからです。

  • 狙う魚のサイズ
  • 扱う仕掛け
  • 場所

上記のように状況の違いがあってもPEラインならある程度1サイズで対応できます。

実際にえさ釣りでも使用していますし、軽い仕掛けから重い仕掛けまで1サイズで使い回しできています。

サイズの目安
  • ライトセッティングなら0.4〜0.8号
  • ミドルセッティングなら0.8〜1.5号

メンテナンス中 コスパの良いおすすめPEラインはこちら

「ロッド(竿)、リール、ライン」の組み合わせも大事

釣具1セットでいろんな釣りをしてなんでも釣るためには「ロッド(竿)、リール、ライン」の組み合わせ方も意識することが重要です。

以下は、実際にタックルを組む際の目安です。

ライトセッティング

ライトゲームやSLSJなど主に軽い仕掛けを扱うジャンルを中心にミドルゲームなども楽しめます。

ロッド(竿)の
ルアーウェイト目安
〜20g
リールC3000番
ラインPE0.4〜0.8号
想定する魚アジやメバル、
タイやシーバス、フラットフィッシュ
ライトセッティング

ミドルセッティング

シーバスゲームやエギングなど重い仕掛けを扱うジャンルを中心に楽しめます。

ロッド(竿)の
ルアーウェイト目安
〜40g
リールC3000番
ラインPE0.8〜1.5号
想定する魚〜60cmくらいまでの根魚
タイやシーバス、フラットフィッシュ
ミドルセッティング
スクロールできます
ライトゲームサビキ釣りSLSJショアテンヤマイクロテンヤミドルゲームウキ釣りちょい投げ探り釣りエギングシーバスゲーム
ライトセッティング
ミドルセッティング
釣りジャンル

◎:最適 ◯:適している

例えば以下のようにフリースタイルでやりづらさを感じる場合はバランスをとります。

竿の長さより仕掛けが長く扱いづらいときは→仕掛けの長さ<竿の長さでバランスを取る。

仕掛けのサイズに対してラインが太すぎる。→ライトセッティングにしてみる。

あとはジャンルごとの仕掛けを選ぶだけ

  • ウキ仕掛け
  • サビキ仕掛け
  • ちょい投げ仕掛け
  • ルアー    など

万能な「ロッド(竿)、リール、ライン」が決まればあとはジャンルごとの仕掛けを選ぶだけで釣りができます。

ジャンルごとの詳しい内容は個別の記事にまとめています。

手始めにカサゴ釣りからがおすすめ

理由
  • 狙う場所が決めやすい→岩場や堤防の際、海底
  • 口が大きいので針も外しやすい
  • 美味しい
  • いろんなジャンルの釣り方で釣れる→フリースタイルと相性◯
  • 季節にあまり左右されずに釣れる

カサゴは初心者の方でも比較的かんたんに釣ることができます。

釣果が出るとモチベーションもあがります。釣れないとやはり辛いですからね。

カサゴ釣りの詳細記事はこちら

【初心者必見】万能ルアーロッドで堤防や漁港のカサゴを釣る方法5選|エサでもルアーでも

釣れないときにできること

釣れない時は下記のことを実践してみてください。

解決のヒント
  • 釣れている人がどんな釣り方をしているか観察
  • 釣れている人に聞く
  • 仕掛けを変える

釣れている人がどんな釣り方をしているか観察

観察すること
  • どんなポイントに仕掛けを投げているか?
  • どんな仕掛けを使っているか?
  • どんなスピードでリールを巻いているか?
  • どんな竿の動かし方をしているか?

自分の釣り方との違いに気づくことができます。

そもそも魚がいないポイントで釣りをしている可能性も。釣れている人の真似をして同じ仕掛けを使ったり、同じ動きをしてみるのも効果があります。

釣れている人に聞く

釣り場で聞ける人がいれば聞いて見ましょう。

ベテランの釣り人は釣れるパターンを知っていて、情報を教えてくれる人もいます。

仕掛けを変える

釣れないときは仕掛けが合っていない可能性もあります。

原因
  • そもそも魚が仕掛けに気づいてない
  • 針の大きさ
  • 仕掛けの大きさ
  • エサの種類
  • ルアーの種類

仕掛けを変えたらすぐ釣れたなんてこともよくあることです。

合わせて読みたい

魚が釣れない時の対処法を詳しく解説(メンテナンス中)

フリースタイルフィッシングから専門ジャンルへ

フリースタイルはタックル一つで幅広くいろんな釣りが楽しめるのが特徴であり魅力です。

しかし釣りに行く回数が増えてくるといつもジャンルがかたよってきたり、道具に対する不満がたまっていたりなんてこともあります。

  • 仕掛けをもう少し遠くに飛ばしたい
  • もっと長い竿で釣りしたい
  • あの仕掛けであの魚を釣りたい

それは好きなジャンルが見えてきた証拠でもあります。

専門ジャンルに行くのもよし。フリースタイルを継続するのもよし。

極めたいジャンルができたり道具に対してやりづらさを感じたら以下の3つをやってみましょう。

  • 道具を変える
  • ジャンルを絞ってみる
  • 目標になる人を見つける

新しい発見や上達を感じることができ、さらに釣りが楽しくなります。

最後に

万能な釣具「ロッド(竿)、リール、ライン」が1セットあればフリースタイルでいろんな釣りにチャレンジできます。

これから5以上のジャンルを習得してマルチアングラーとして釣りを楽しみましょう。

このブログではタックル1つでいろんな釣り方でいろんな魚をなんでも釣りたい人に向けたコンテンツを展開していきますので是非活用してください。

【初心者必見】万能ルアーロッドで堤防や漁港のメバルを釣る方法3選|エサ釣りもルアー釣りも

釣りに行けない日には

これから釣りを趣味にと考えている方に向けて釣りに行けない日の過ごし方として気分転換や勉強にもなる釣りに特化した動画配信サービス「釣りビジョンVOD」をご紹介します。

  • 釣りビジョンVODはスマホでいつでも見ることができる。
  • 7000本以上の動画が見放題。
  • 今ならお試しで14日間無料で視聴が可能です
  • 一定期間継続して利用すると全員もらえるオリジナルグッズの特典もあります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の内容